職場の後輩に好意があるが、失敗を考えると告白できない。どうしたら良い?(29歳・男性)

告白
私(29歳)は同じフロアの後輩女子(23歳)のことが気になり、平日仕事終わりに2人きりの食事に行くことができ、さらにレイトショーですが2回映画を2人で見に行きました。
しかし、誘うのはいつも自分からで、LINEもいつも自分から(返事は必ずあり)という状況です。
どうしても後輩の態度からはあくまで先輩に誘われたから来てくれたとしか見えず、後輩からの好意を感じられません。
このような状態でも思い切って告白すべきでしょうか?
もしくは何か好意の有無を調べる方法があればご教示いただきたいです。

ベストアンサーの要約

  • お休みの日に少し長めのデートに誘ってみるのはいかがでしょうか
  • "人としては"おそらく好意を持たれている
  • 立場がある職場恋愛なら尚更、外デートで少しでも確証を集めることをお勧め
  • 告白される際には、上手くいってもいかなくても"公私混同をしない"というのが職場恋愛マナー

回答一覧(5件)

ベストアンサー
(28歳・女性・未婚(結婚経験なし))
恋愛マスターランキング:5
  • 社内恋愛で交際
  • マッチングアプリで交際
プロフィール詳細>>
今度は仕事終わりではなく、
お休みの日に少し長めのデートに誘ってみるのはいかがでしょうか

仕事終わりのお食事と映画はクリアされているということで
"人としては"おそらく好意を持たれていると思います。

仲良くない(仲良くしたくない)・あまり好きではない方でしたら、いくら先輩とはいえ何度も二人きりになる状況に身を置いたりしないと思います。
私でしたら初めの一度は食事に行くかもしれませんが、その後は何かしら理由をつけてお断りします。

ただ、恋愛対象としてみていなくても"一緒にいて楽しい"と思うなら仕事終わりの軽い飲みだったり、映画やゲームセンターなど行く可能性はあります。(私も経験があります)


「どうしても後輩の態度からはあくまで先輩に誘われたから来てくれたとしか見えず、後輩からの好意を感じられません」
ここの判断が難しいんですよね、とても分かります。

なので、冒頭にも申し上げた通り、休日デートにお誘いしてみて下さい。
水族館・お洒落なカフェ・景色の良い場所へドライブなど、出来れば王道デートコースみたいなものにお誘いすると少し反応が分かるかもしれません。
「え、こんなカップルのデートみたいなところ行くの?」と思わせ、その誘いに乗るか乗らないかで、"これ以上仲を深めるのはちょっと…あくまで会社の人なのに…"と思っているかいないかが分かります。

誘いに応じてくれた時点で、
・あなたのことが実は好き
・好きまではいってないけど気になる、仲良くなりたがってる
・恋愛感情ないけど楽しそうだから行く
(女性の性格によりますが、男友達など多いタイプは中には気がなくても行く方もいますので、見極めがいります。。)
この辺りまでは絞れると思います。

あとは、遊んでいる時の感触で、
デートの回数をまだ増やした方がいいのか、もう告白までいけそうなのか判断してみて下さい。

どの恋愛においても、確証をもって告白できる状況はなかなか難しいですが、今の状況のまま告白して、万が一OKを貰えても、「本当に自分の事好きなんだろうか」「先輩だから拒否出来なかったんだろうか」と自分の中にモヤが残るのも悲しいので、立場がある職場恋愛なら尚更、外デートで少しでも確証を集めることをお勧めします。

また、告白される際には、上手くいってもいかなくても"公私混同をしない"というのが職場恋愛マナーです。
上手くいった場合に職場とプライベートを切り分けるのはもちろんですが、お断りされた場合でも、辛いとは思いますが、質問者様から今まで通り接してあげてください。向こうが気まずそうになって避けられたりすることがあっても、告白した側はきちんと普通の態度を取る。これが出来ないのであれば職場恋愛・職場恋愛での告白はやめた方がいいです。周囲の人にも迷惑を与えてしまうので。。

長くなりましたが、職場はプライベート以外でも魅力を見せることが出来るチャンスの場でもあります。
仕事が出来る男性はやはり女性的にはかっこよく見えますしね。
長期戦になる可能性もありますが、現状を聞いて上手くいってほしいなと思いました。頑張ってください!
A
(37歳・女性・既婚)
恋愛マスターランキング:96
  • 合コン・紹介で交際
  • 婚活パーティーで交際
  • 水商売(3年以上)
プロフィール詳細>>
初めまして。
後輩女性とデートを何度か重ねておられるのですね。それも、二人きりでレイトショーまで観られているのは、既に脈ありだと思います。もう後輩から好意を持たれていますよ。
職場で異性の先輩に食事を誘われたら、普通の女子であれば誰か他の同僚を誘って行きます。それは、のちのち職場の人に誤解されたくないので、二人きりにならないように予防線を張ります。
ましては映画館のような暗い環境で二人の時間を過ごすことは、後輩から好意を持たれているサインだと思います。
後輩の恋愛歴は分かりませんが、奥手な女性、異性に引っ張ってもらいたい女性は沢山います。
今の状態で告白して上手くいくと思いますが、不安であれば、好意の有無を確認する方法があります。
LINEで後輩から誘わすようなメッセージを送ってみて下さい。休日に、「あなたの家の近くのカフェに今います。」、「今日の仕事帰りに前に一緒に行った居酒屋へ行こうと思う。」、「新しい映画楽しみで来週末行こうと思うんだ。」など。後輩のメッセージの内容によっては好意の有無が分かると思います。
上手くいくよう祈っています。
(31歳・女性・未婚(結婚経験なし))
恋愛マスターランキング:85
  • マッチングアプリで交際
プロフィール詳細>>
はじめまして!

職場の後輩女子と2人きりで食事に行ったり、さらにはレイトショーまで見ただなんて素敵です✨
素敵だなと感じたので女性のわたしからみた意見をお話させていただきたいと思います。

詳細を読むと、誘ったり、LINEしたりするのはいつも自分からで好意をあまり感じられないとの記載がありますが、好意がなければ誘いには応じないと思います。仕事終わりの食事やレイトショー、好きでもない方からもし誘われたら、わたしだったら何かしらの理由をつけて断ります。

応じてくれるということは好意があると思うので、少しずつでも気持ちを伝えてみたら良いと思います?

応援してます!
(33歳・男性・既婚)
恋愛マスターランキング:85
  • 社内恋愛で交際
  • 合コン・紹介で成婚
プロフィール詳細>>
私の職場の後輩も同様な事がありました。
基本的に仕事終わりでの食事や軽い映画は仕事の延長線上での付き合いの可能性が高いです。
ただ、一緒にいて嫌な人と出かける事は無いと思いますので嫌いでは無いと判断できます。
好意の確認方法として、休みの日にデートに誘ってみてはどうでしょうか。
友達から水族館のチケット貰ったんだけど、良かったら一緒に行かない?など言いやすい言い方で良いです。
休日のデートに付き合ってくれるなら普通〜気になる相手と判断できます。
断られた場合は残念ながら現状脈なしですが、彼女から代わりの日を提案された場合はまだ脈ありです。

脈なしだった場合や、デートできた時は告白してみましょう。
まだ相手が恋愛対象として見ていない可能性もあります。
振られた場合「ありがとう。まだしばらくは君のこと好きでいて良いかな?」と言ってみてください。
今後彼女は貴方の事を「私に好意を持ってくれている人」と認識しますので何もしないよりは次のステップに進みやすくなります。
振られたら気まずくなるかも知れませんが、振られた側より振った側のが罪悪感から接触を避ける様になるので貴方は今まで通りに接してあげてください。
また食事や遊びに誘ってあげるのも良いでしょう。

何度か食事や映画など行った後、2〜3ヶ月経ってからもう一度告白してみましょう。
それでもダメなら再度上記の対応をした後半年後くらいに再度告白してみましょう。

3度までの告白なら相手に悪い印象は与えません。
それ以上行うとしつこい人だと判断され嫌われてしまいますので3度目に振られたらキッパリ諦めてください。
(39歳・男性・未婚(結婚経験あり))
恋愛マスターランキング:68
  • 社内恋愛で成婚
  • 合コン・紹介で交際
  • マッチングアプリで交際
  • 婚活パーティーで交際
プロフィール詳細>>
2人で2回も映画を見に行っている時点で、相手もあなたの事を仕事仲間以上の人だと思っているように思えます。

相手からLINEが来ない、相手から誘われないとのことですが、相手の女性が奥手だということは考えられませんか?

2人で2回も映画を見に行っている状況なら、告白しても良いとは思いますが、告白して振られるのは怖いと思うので、次のデートの際にさりげなく手を繋いでみてはどうですか?
手を繋ぐのを拒まなければ、告白が成功する確度は高いと思います。

あなたが奥手で、手を繋ぐのもなかなか出来ないようでしたら、デート中に恋愛の話を深めにしてみたらどうでしょうか?好きなタイプとか、好きな人が居るかとか、前の恋愛の話とか色々と聞いてみて、あなたが相手の女性のタイプなのか、推察することも可能です。

ちなみに、僕の場合は、必ず成功する事を確認してから、告白していました。(なので、ほとんど失敗していません。唯一失敗したのは、相手の女性の事が好き過ぎて、思い余って告白したケースです。笑)
必ず成功するかかどうかの判断は、手を繋ぐ等のスキンシップをしてみて、それに対する相手の反応で図ることが多かったです。